【ゲームレビュー6】Hotline Miami

ジャンル 見下ろし型アクション
メーカー/ブランド Dennaton Games,Devolver Digital
発売年 2012
ハード PC(PS3,PSV,PS4,android,Switch)
お気に入り度(0~10) 8
プレイ状況 通常end & 収集要素回収 & 隠しEnd 回収

 

 

バイオレンスで爽快感のある見下ろし型のアクションゲームです。ストーリーに関するネタバレはなるべくしないように書いていこうと思います。

 

Hotline Miami とは?

store.steampowered.com

 

「人を傷つけるのは好きか?」

 

Dennaton Games(なんと開発者は2人!)が制作、2012年にDevolver Digitalから発売された見下ろし型のアクションゲームです。

完成度が高く、多機種に移植されています。続編である「Hotline Miami 2: Wrong Number」も出ています。

プレイ環境には恵まれた作品と言えるでしょう、ただし後述するようにSteam版は環境によっては落ちやすいこと、アクションの操作デバイスへの依存性が高い(機種によって大きく操作が異なる)ことに注意した方がいいかもしれません。

プレイ時間は個人差が大きそうですが、1周クリアまで7時間くらいでしょうか。

 

――1989年4月3日 フロリダ州マイアミ
留守番電話に残されたメッセージから全ては始まる。

『Hotline Miami』では、正体不明の主人公「ジャケット」の物語を追うことになる。メッセージと共に手に入れたマスクをかぶり、マフィアのアジトを血の海にするジャケット。

時折、同じようにマスクをかぶった人物たちと会話する夢を見ながら、マフィアを虐殺する夜を次々と越えていく。徐々に現実と虚構の境界線が曖昧になる中で、彼に待ち受ける全てを見届けよう。

 

--Switch版ストアページより引用

 

概要

夢の中に現れる謎のマスクの男たち、彼らから人の殺し方を教わった主人公の元には翌日から、"依頼"の電話が掛かってくるようになります。彼は現場に赴き、そこに巣食うマフィアたちを一人残らず血祭りにあげていきます。そんな日々を過ごすうちに、彼の精神も蝕まれていく…… そんなストーリーの作品です。

 

ロシア語で書かれた水色とピンクを基調としたサイケデリックな雰囲気のタイトル画面、敵を倒した際の過激な流血表現など、アートワーク面はかなり独特で印象的なものになっています。

 

ゲームとしては、各アジトが1つのステージとなっているステージクリア型の構成です。アジトにはいくつかのフロアがあり、フロアにいる敵を全滅させると次のフロアに進めるようになります。全てのフロアにいるすべての敵を倒すと、ステージクリアとなります。殺されてしまうと、フロアの最初からになります。1フロアにかかる時間は2~3分、1ステージにつきフロアは3つ程度なので慣れてくるとテンポよく進みます。

 

ゲーム性は、5秒間様子を見て、0.5秒で決着をつけるという表現がぴったりです。プレイヤーも敵も一撃死で、こちらを見つけた後の敵の動きはかなり素早いため、気づかれないうちに一撃で仕留めるのが基本となっています。パターン性が強く、何度も死んで覚えていくスタイルとなっています。

プレイヤーの攻撃手段は、大きく分けて銃器と近接武器に分けられます。銃器は敵を安全に殺せますが、弾数制限があり、音で周囲の敵に気が付かれてしまいます。一方で近接武器は、何度も使えて静かに殺せますが、気が付かれないように背後から忍び寄る必要があります。敵も基本的には銃器か近接武器を持っており、倒すと武器を落とします。

銃や近接武器は投げつけることができ、当たった敵は一定時間失神します。ドアの近くを敵が通っている時に勢いよくドアを開けたり、素手で殴っても敵は失神します。失神している敵には、とどめを刺すことができ、この方法ならば武器無しでも敵を倒すことができます。

 

ステージ開始時には、被っていくマスクを選択します。マスクにはプレイヤーが有利になる特殊効果がついています。新しいマスクは、ストーリーを進めたり、特殊な条件を満たすことで入手できます。

 

ステージ間には、ストーリーに関するイベントが挿入されます。最初こそステージとイベントが交互にやってきますが、ストーリーが核心に近づくにつれ突然ステージ中にイベントが挟まれたりなど演出が強化されていきます。

 

収集要素(かなり単純なものです)、それを集めることによるTrueエンドも用意されています。

 

良い点

  • アクションゲームとしての面白さ
     
    シンプルにアクションゲームとして質が良く、とても面白いです。しっかりと敵の動きを観察し、一瞬で蹴りをつけるメリハリの付いた緊張感あふれるゲーム性は一度その面白さに気が付いてしまうと最後までぶっ続けでプレイしてしまう程の魅力を持っています。敵を倒したときの音やスプラッタな演出との相乗効果もあり、トリップ感のある中毒性のあるゲーム性となっています。
     
  • 攻略の懐の深さ
     
    死に覚えゲーでありながら、攻略の幅が広く、詰まった時は思い切って方針を変えてみると簡単にクリアできることもあります。ステージごとにランクがつくため、高いランクを目指してプレイするとまた違った攻略が求められます。
    難しい場面はかなり難しいですが、それでも試行錯誤を繰り返すとだんだんクリアが見えてくる。そんな絶妙な難易度調整になっています。
     
  • テンポの良さ
     
    死に覚えが重要なゲームではリトライのテンポは重要ですが、本作もボタン一つで即リトライになっており、ストレスを感じさせません。
    1つのステージにかかる時間は、どれくらい死ぬかにもよりますが概ね初見でも30分以下程度には収まると思います。そのためちょっとした時間に少しずつ進めることもできるでしょう。
     
  • アートワーク・音響面の高い完成度
     
    スプラッタなゲーム内容とどこか食い違った狂気を感じるポップなデザインのユーザインタフェース、過剰なほどに暴力性を強調した演出、ノリノリなテクノミュージックなどが上手く組み合わさり、独特な「Hotline Miami」ワールドを展開しています。
     

悪い点

  • よくクラッシュする

    環境依存ではあると思いますが、私の環境ではよくゲームが落ちました。ステージをクリアするまでセーブはされないので、後半の長めのチャプターでは前半のフロアを何度もやり直すことになり辛かったです。心配な人はコンシューマー版を買うのもいいかもしれません。
      
  • アクションのハードルがやや高い点
     
    先述した通り、アクションゲームとしてとても完成度が高いです。しかし、操作に慣れてプレイヤーキャラクターを自在に操れるようになるまではあまり楽しくはないかもしれません。
    最初はただただ難しいだけの作品だと感じるかもしれませんが、ぐっと耐えてプレイしてほしい作品です。
     
  • 収集要素
     
    本作にはゲームのステージの背景に隠れたアルファベットを探すという収集要素があり、隠しエンドを見るための条件になっています。しかし、画面をじっくり見てアルファベットを探す探索自体があまり面白いとは言えません。
    私の場合は、1周目をクリアした時点でそのような収集要素が存在していることにすら気が付かず、2周目を最初からやることになりました。
     
  • 消化不良気味なストーリー
     
    ストーリーは最初の引き込みは素晴らしく、何度も驚きの展開がありプレイ中は個人的に期待値がどんどん上がっていましたが、最後はかなり消化不良なものになってしまっています。
    上記の収集要素を集めきることでエンディングが変化し、Trueエンドを見ることができますが、そこまで大きな変化があるわけでもなくやや残念な気持ちになりました。
    考察が盛んな作品なので、考察の余地がかなり残されていると見れば悪くない終わり方なのかもしれません。
     

総評

アクションゲームとして見た場合、素晴らしい作品となっています。一方でストーリー面は魅力的ではありますが、あまり期待しすぎない方がいいかもしれません。
個人的には、純粋に楽しいアクションゲームとしてかなりお気に入りの作品です。価格も控えめで、多機種でプレイできますから、死に覚え系のアクションゲームが好きな人、作品の放つ狂気に惹かれた方はぜひプレイしてみてください。

 

ゲーム音楽ピックアップ

  1. Hydrogen
    この作品を知ったきっかけの曲です。無機質で主張の激しい耳をつんざくような音が特徴的で、トリップ感のあるミニマルテクノとなっています。この曲がゲーム中で流れるとテンションが上がります。
  2. Miami Disco
    クラブハウスのステージで流れる曲です。ステージの中心で輝くミラーボールと次々に色を変える床のライトにピッタリの曲です。
 

【ゲームレビュー5】INSIDE

ジャンル パズルプラットフォーマー
メーカー/ブランド Playdead
発売年 2016
ハード XB1,PS4,Switch,PC
お気に入り度(0~10) 6
プレイ状況 通常end & 収集要素回収 & 隠しEnd 回収

 

 

ダークな雰囲気が特徴の本作。前作LIMBOを発展させたような作品となっています。

大きなネタバレがある作品ですので、その点には触れずに書いていこうと思います。

 

INSIDE とは?

store.steampowered.com

 

2016年に発売されたパズルプラットフォーマーです。パズル要素のある横スクロールアクションといった方がわかりやすいでしょうか。

多機種に移植されていて、プレイ環境は整えやすいタイトルと言えると思います。

クリアまでのボリュームは6時間ほど、小粒な作品ではありますが世間の評価は高いタイトルです。


追われに追われて一人きり、少年はいつのまにか闇のプロジェクトの中枢に引きずり込まれていた。

--Steamストアページより引用

概要

暗い森の中、少年が大人たちに追われているところからゲームは始まります。あなたは少年を操作し、追っ手から逃げ続けます。その内に少年はいつしか闇のプロジェクトの中枢に近づいて行ってしまう、というストーリーでゲームは進行していきます。

 

色彩に乏しいダークな雰囲気が特徴となっています。文字情報を排除してゲーム中の演出だけでストーリーや世界観を語る形式になっています。生理的嫌悪感を煽る演出や追われる展開がとても多いです。ホラーゲームではないと思います(ホラー的要素もありますが、薄いです)。

 

ゲームとしては、パズル要素のある小さなチャプターをこなして先に進んでいく形式になっています。死んでしまった場合は、チャプターの最初からスタートになります。チャプター同士はシームレスにつながり、チャプターごとにぶつ切りになっているわけではありません。クリアしたチャプターは、メニューから自由に選んで再プレイができます。

 

収集要素があり、全て集めることで隠しエンディングを見ることができます。この収集以外一切のゲームシステム的要素は省かれています。文字情報が一切ない件も含め、必要のないものは一切排除したシンプルな構成になっています。

 

良い点

  • 圧倒的な演出力
     
    文字を一切使わない方針であるためか、演出は非常に凝ったものとなっています。光と影の使い方、背景で動く小さな人影や機械の音はもちろん、操作キャラクターの足音や息遣いといった細かい点まで作りこまれた演出は、作中世界に生々しさと深みを与えています。スクリーンショットをたくさん撮ってしまうくらいには美しい場所が多いです。
    生理的嫌悪感を煽るような演出もとても多く、完成度が非常に高いです。特に、犬に追われるシーンや、海の中を進むシーンの焦燥感と不快感は中々です。(褒めているのか貶しているのか分かりませんね)
    横スクロールアクションでありながら奥行きをうまく使っており、作中世界の広大きさそして恐ろしさをうまく表現しています。
     
  • パズルアクション要素の絶妙な難易度
     
    パズルの難易度は易しすぎず難しすぎずでいい感じです。詰まることもあるかもしれませんが、よく観察すれば見えてくる絶妙な感じに仕上がっています。
    LIMBOではシビアなアクションが要求されることもありましたが、本作ではアクションはパズルを解くための手段くらいの扱いになり、解き方が分かっているのに何度もリトライさせられるということは少なかったです。
    パズルには独特なギミックが多いので、内容にマンネリ感もなく、最後まで適度に新鮮で楽しいパズルゲームとして遊べます。理不尽さを感じる解放のところも特にありませんでした。
    パズルを解くことがストーリーとうまく結びついており、無理やりパズルをさせられてる感が無いのも良かったです。
     
  • 終盤の驚きの展開
     
    詳細は伏せますが、終盤には驚きの展開が待っています。このあたりのシーンをどう捉えるかは個人差有りそうですが、個人的には良い演出だと思いました。

 

悪い点

  • 収集要素
     
    収集要素の存在自体は悪くないのですが、見付けるのがとても大変なものもあり、全て集めるには攻略情報を見ないと厳しいでしょう。隠しEndを見るための条件になっているのも厳しいです。
     
  • エンディングのあっけなさ
     
    普通にプレイしているとたどり着くであろう通常エンドの終わりは、救いがあるような無いような……印象には残り、芸術的ではあるのですが、賛否ありそうな終わり方をします。
    隠しEndの方は、かなり衝撃的ではあるのですが、収集要素を全部集めた人へのご褒美としては……こちらも賛否ありそうです。
    救いのない絶望とダークな世界観を描き切る、という意味では両方とも良い終わり方と言えるでしょう。
     
  • 遊びの幅が狭い
     
    シンプルな作風ゆえ、隠しEndまで見てしまうともうすることがほぼありません。
    これは、演出重視作品では仕方ないことかもしれませんが…
     

 

総評

ダークで陰鬱、そして広大で残酷な世界をちっぽけな少年の視点で描き切った完成度の高い作品と言えると思います。

パズルゲームとしてもそこそこ面白く、世界観・雰囲気が気になった方はプレイしてみてもいいかもしれません。

個人的には、終わり方があまりにあっけなく、隠しEndも救いのないものであったのが少し厳しかったです。そもそも生理的嫌悪感を煽られるのが好きではないことに気が付いてしまったため(好きな人、いるのかな…)、お気に入りかと言われると微妙かもしれません。

ゲーム音楽ピックアップ

そもそも、BGMがない作風の作品です。

【ゲームレビュー4】Cave Story+ (洞窟物語+)

ジャンル メトロイドヴァニア(探索アクション)
メーカー/ブランド 開発室Pixel,Nicalis
発売年 2011(原作2004)
ハード PC(Wii/PSP/DSi/3DS/Steam/Switch etc...)
お気に入り度(0~10) 7
プレイ状況 通常end & True(聖域)end 回収

 

 

フリーゲームの中でもとくに有名な本作、配布からかなりたった今でも十分に楽しめるハイクォリティな作品と言えると思います。

 

ネタバレをされても楽しめないことはないですが、演出や展開重視の作風ゆえ、具体的なことはあまり知らない方が楽しめると思うのでネタバレはなるべくしないで書いていこうと思います。

Cave Story+ (洞窟物語+) とは?

store.steampowered.com

原作は、開発室Pixelが2004年に発表したフリーゲームです。その完成度の高さから、フリーゲームの中ではトップクラスに有名な作品です。

フリーゲームには珍しく、コンシューマー機に何度も移植されています。私がプレイした CaveStory+ は、原作をリマスターし、多少の追加要素を加えたものとなっています。

原作と比べてもそこまで大きな違いはないので、フリーゲーム版をプレイするのも良いでしょう。しかし、元々の原作の完成度が高いので移植版を買ったとしても損はないと思います。

目を覚ますと、そこは暗い洞窟の中でした。

自分は何者か?

なぜこの洞窟にいるのか?

あなたは答えを求め、広大な洞窟の奥へと歩きだします。

 

--洞窟物語3D公式サイトより引用

 

概要

ジャンルは、強いて言うならメトロイドヴァニアです。しかし、広大なマップを自由に探索するというよりは、物語に沿って小規模な探索、そしてボス戦を繰り返すようなスタイルになっています。

 

主人公の武器は、ロックマンのような銃がメインです。武器はストーリーを進めるごとに増えていき、イベントなどで手に入ることもあれば、見付けにくい場所に落ちていることもあります。各武器にはレベルが設定されており、武器を持った状態で敵を倒したときに出るパワーアップアイテムを拾うことでLv.3まで強化することができます。ダメージを受けるとLvは下がってしまいます。

 

探索・アクション要素もよくできていますが、本作を語るうえでストーリーに言及しないわけにはいかないでしょう。というのも、本作の物語はゆるい見た目からは想像もできないようなシリアスで衝撃的なものになっています。このギャップが、本作の最大の特徴といえるでしょう。

 

良い点

  • 探索+アクションゲームとしての完成度
     
    アクションゲームとしては、操作が軽快で大きなストレスが無く遊べるものになっています(一部のボスの難易度を除く)。敵をどんどん撃って倒していく爽快感のあるゲーム性になっています。
    思いがけないところにアイテムが落ちていることがあるので、マップを隅々まで調べたくなる探索の面白さも十分にあります。
    探索ACTの要素だけを見た場合、非常に面白いとは言えないかもしれませんが、物語や演出との相乗効果で面白くなっている作品と言えそうです。
     
  • ストーリー・演出の良さ
     
    先述した通り、本作のストーリーは絵柄からは想像できないほどシリアスで衝撃的なものになっています。演出の完成度も高く、ストーリーに説得力を持たせる演出が高密度に仕込まれています。中盤以降は怒涛の展開に何度もびっくりさせられました。クリア後、適度な充実感と何とも言えない寂しさが心に残ります。
     
  • ボス戦が多い
     
    本作はボス戦が非常に多いです。手の込んだインパクトあるボス戦が多く、視覚的にも面白いです。ボスによって有効な武器や戦術が異なり、色々試行錯誤するのが面白いです。
     
  • 良曲が多い
     
    レトロな質感の高品質なBGMが楽しめます。「大農園」「つきのうた」は特に好きです。
    サウンドも良く、バリバリ撃って敵を倒す爽快感を演出しています。
     
  • 豊富な隠し要素
     
    到底1周目ではすべて見つけられないくらいの、隠し要素が仕込まれています。自力で見つけるのがほぼ不可能そうなものが多いのは玉に瑕ですが、2周目をプレイする際のモチベーションにはなると思います。(後述しますが、1周目を攻略情報なしでプレイした場合、ほぼ確実にTrueEndを見られないので2周目をプレイすることになります。)

 

悪い点

  • 一部難易度が高すぎるボスがいる
     
    一部のボスは本当に強いです。どんな戦法、武器が有効かを把握していないと倒すのは厳しいでしょう。試行錯誤は楽しいですが、アクションが苦手な人の場合心が折れてしまいそうです。
     
  • セーブポイントの配置
     
    セーブポイント間がやたら長いことがあります。場所によっては、直前のセーブポイントからボスの場所まで距離があり、リトライが面倒になってしまっています。また、ボスを倒した直後にセーブがない場合もあります。
     
  • 前半はお使いが多い
     
    前半は、新しいマップに行く→お使いをこなす→新たなお使いを任される という展開が非常に多いです。何度も同じマップを行き来することになり、その度に敵も復活するのでやや面倒に感じてしまいました。中盤以降は、引き返したりせずにどんどん先に進んでいく展開になります。
     
  • True Endを自力で発見し辛い
     
    TrueEndに到達するためには、発見の難しいイベント(しかも、ストーリー中のあるタイミングを逃すとTrue突入が不可能になる)をこなす必要があります。イベントを起こすのに必要なアイテムの場所もノーヒントなため、自力での到達はとても難しいでしょう。1周目を何も見ないでプレイして、2周目は攻略情報を見ながらTrueを目指すのをお勧めします。

 

総評

配布からずいぶん経った今でも楽しめる良作探索アクションゲームといえると思います。難易度面で苦しめられることもあると思いますが、中盤以降のワクワクする展開にはきっと心掴まれると思います。プレイ後の何とも言えない寂しさが払拭できず、個人的にお気に入りか?と聞かれると微妙ではありますが、プレイ中は結構楽しんでいて、いつの間にか2周目もクリアしていた。そんな作品です。

今すぐにでもDLしてフリー版を遊ぶことができる作品ですので、興味があればプレイしてみてはいかがでしょう。

 

ゲーム音楽ピックアップ

  1. 大農園
    タイトル画面で流れる曲です。タイトルの曲が物語の佳境で流れるのってアツいですね。
  2. つきのうた
    外壁の曲です。外壁は雰囲気も独特で、この曲の良さも相まって一番好きな場所です。
  3. Running Hell
    ある場所で流れる曲です。何度も死ぬので何度も聞くことになります。改めて聞いてみると、ステージともぴったり合って良い曲ですね。
 
 

【ゲームレビュー3】ファタモルガーナの館

ジャンル ビジュアルノベル
メーカー/ブランド Novectacle
発売年 2012
ハード PC(3DS/PS4/PSV/Switch/Steam)
お気に入り度(0~10) 7
プレイ状況 1周 & 舞台裏 & プロローグ回収(2周目&Bad回収はしていない)

 

プレイを終えたので感想を。

 

 

客観的にみると、良く練られた構成、怒涛の複線回収など完成度のかなり高い作品であるといえると思います。ただ個人的には少し合わなかったところもあるかもしれません。

 

 ネタバレ厳禁系の作品であるため、意図的に隠してあるだろう情報には触れずに書いていきます。

 

ファタモルガーナの館とは?

store.steampowered.com

同人サークル Novectacle が2012年に発表したビジュアルノベルです。現在では多機種で発売されており、外伝作品なども出ています。今回は、Steam版をプレイしました。

今から遊ぶ場合、追加要素等が最初からすべて(?)入っているらしいPS4/PSV/Switch版などのコンシューマー移植が良いと思います。

Switch版はMetacriticでのスコアが一時100点になっていた事でも話題になりました。

誰でも楽しめるような作風になっていて、女性ファンも多いようです(そっちの方が多いのかもしれません)。

 

「あなた」は気づけば、古ぼけた屋敷にいた。
目の前には、「あなた」を旦那さまと慕う、翡翠の目をした女中がいる。
しかし「あなた」には記憶がなく、自分が何者なのか分からない。
生きているのかさえも。
そんな「あなた」に、女中は屋敷で起きた数々の悲劇を見せるという。
そこに、「あなた」の痕跡があるかもしれない……。

最初の扉は1603年。
豊かな薔薇が咲き誇る、美しい時代に、仲睦まじいローズ兄妹がいた。
彼らには一切の不安も、不幸の陰りもないように見えたのだが……。

二番目の扉は1707年。
その時代、屋敷は荒廃していた。その屋敷に住み着いた獣は、平穏な世界を望むものの
やがて獣本来の暴力性を抑えられなくなり、虐殺に走ることとなる。

三番目の扉は1869年。
この時代、文明の発達により人々は急いた生活を送っていた。
鉄道事業に身を乗り出す資産家の青年は、
金と権力を追うあまり自分の妻をないがしろにしていく。

四番目の扉は1099年。
女中はこれが最後の扉だと告げる。
その時代にいるのは、自らを「呪われている」と告げる青年と、
魔女の烙印を押された白い髪の娘≪ジゼル≫だった。

「あなた」は時代と場所を超えた四つの悲劇を目撃する。
これらを物語として終えてしまうのか、あるいはその先を求めるのかは……
「あなた」次第だ。

しかし、どこかの誰かはこう言うだろう。

「他人の悲劇だから耐えてこられたんだよ」

 

-- Steamストアページより引用

 

概要

ゲームとしては、シンプルなノベルゲームとなっています。少し珍しい要素として、選択肢を選ぶ際に、何も選ばずに一定時間待ったり、逆に迷わずにすぐに押すことによって分岐するシステムを搭載しています。

 

目を覚ますと記憶を失い見知らぬ館にいた『あなた』がそこにいた女中に導かれ、記憶を取り戻すために館の過去の話の扉を開いていく……というシナリオになっていて、実際には各話を女中の語りと共に見ていくオムニバス形式になっています。

 

時代が数百年単位で全く異なる4つの話の扉には、女中と白い髪の娘という二人の登場人物が必ず現れます。そして、館に住む者たちは必ず不幸な運命を辿ります。

 

謎の二人の登場人物たちはいったいどういった存在なのか、なぜ館に住む人々は不幸な運命を辿るのか、そして『あなた』はいったい誰なのか。

このあたりが大きな謎としてストーリーが進行していきます。

 

良い点

  • 丁寧に作られたシナリオ構成
     
    シナリオはかなり秀逸です。伏線、ミスリードをうまく仕込み後半に一気に動かす構成には感心せざるを得ませんでした。ちょっとした違和を感じさせておき、あとでぐっさりと刺す。そんな感じでストーリーが進んでいきます。
    (ゲーム全体における)後半には怒涛の展開が待っています。そこに関してはかなり面白かったです。

  • オムニバス形式であること
     
    各扉の話では、先述した二人を除いた登場人物、そして雰囲気がガラッと変わります。結局どの話も悲劇的エンドを迎えるのですが、章によっては雰囲気が合わなくても別の話を好きになれることがあるかもしれません。個人的には3番目の扉が好きです。

  • 多視点で描かれるストーリー
     
    別の人物の視点で物語を語り直す展開がかなり多くあります。これによって、以前は何でもなかった出来事が新たな意味を持つようになったりなど、物語に深みが出ます。多視点で同じ物語を描くこと自体が、シナリオが練りこまれている証拠である、と言うこともできそうです。

  • 独特の雰囲気
     
    好き嫌いが分かれそうではありますが、他の作品ではあまり見られない独特な雰囲気を全編通して放っています。グラフィック、音楽にも力が入っていて本作の独特の世界観を見事に表現しています。

  • 色々ぶち壊す「舞台裏」
     
    クリアした人向けにおまけ要素として「舞台裏」という要素が入っています。内容は作中キャラクターが制作秘話等メタな話をゆるくぶっちゃけるといった感じです。余韻もクソもないので人によっては読まない方が良かった……となるかもしれません。個人的には、内容もなかなか面白く、陰鬱な雰囲気を吹き飛ばしてくれるので嬉しい要素でした。

 

悪い点

  • 陰鬱な雰囲気が続く点
     
    この作品の陰鬱な雰囲気は独特でよいのですが、ほぼ全編をわたって続くので精神が削られます。時々ある明るめのパートも後々の精神的ショックを増幅させるためにあるようなものなので、物語がどんどん悪い方向に向かっていくと「またか…」みたいな気持ちになりました。一切の救いもない徹底的に酷い話として書かれたシナリオを読むのは後半の怒涛の展開のためとはいえ辛かったです。

  • やや冗長な点
     
    話が本格的に動き出す前はどの扉の話もあまり面白くありません。また、別視点で結末を知っているシナリオを何度も読むことになるので、新しい発見があるにしてもやや冗長に感じました。

  • ある扉の話が刺さらないときつい
     
    メインとなる扉の話があるのですが、その話は他の扉に比べると展開が単純で、キャラクターもあまり好きになれませんでした。その扉の話がメインとなり最後までシナリオの核を引っ張っていくので、好きになれないときついかもです。

  • スキップの仕様
     
    既読文章のみスキップの機能が(確認した限り)ありません。欲しい場面はあまり無いのですが、読んでない場所をすっ飛ばしてしまったことがあったので欲しいな…と思いました。それ以外にUIの不満は特にありませんでした。
     

 総評

良く練りこまれた完成度の高いビジュアルノベルであるといえるでしょう。個人的には合いませんでしたが、それでもそこそこは楽しめる作品でした。ずっと続く陰鬱な雰囲気に耐えられる、むしろ好物だといえるような方にはとてもおすすめできると思います。

 

ゲーム音楽ピックアップ

  1. Giselle
    終盤のある場面で流れる曲です。
  2. Ciao Carina
    3番目の扉のメインテーマ(?)です。作中で一番軽快な曲だと思います。

【ゲームレビュー2】ロックマン

ジャンル 横スクロールアクション
メーカー/ブランド CAPCOM
発売年 1987
ハード FC(PS/PSP/Wii/WiiU/3DS/Switch/PS4/XB1/Steam)
お気に入り度(0~10) 7
プレイ状況 コンティニュー有クリア(途中セーブ等機能不使用)

Steamのクラシックスコレクション収録の初代を頑張ってクリアしたので簡単な感想を。

 

 



今遊ぶと多少厳しいところはあるものの完成度が高く普通に楽しめてしまいました。FCの作品をちゃんとクリアしたの初めてかも……?

 

特にネタバレ厳禁系のストーリーや演出があるわけでもなく、古いゲームなので終盤の情報も普通に書いてしまっています。ご了承ください。

 

ロックマンとは?

store.steampowered.com

もはや説明不要かもしれません。CAPCOMの有名なアクションゲームシリーズです。正規ナンバリングが1~11まで、Xシリーズが8まで、他にも多数の派生シリーズがあり正直把握しきれないレベルでたくさんの作品が出ています。本作はその中でも一番最初の作品です。

 

ライト博士の元から6体のロボットを奪い、世界征服を企むDr.ワイリーロックマンが倒しに行く、というストーリーになっています。

 

概要

アクションゲームとしては、ステージを踏破して最後にいるボスを倒していくという王道な構成となっています。ステージは最初から6つ選ぶことができ、好きな順に攻略していくことができます(当時は珍しかったようです)。全てのステージをクリアすると、ラストステージに挑むことができるようになります。

ロックマンは最初はロックバスターという弱めの銃しか使えませんが、ボスを倒すことでその装備を獲得して回数制限付きの武器として使えるようになります

各ボスには弱点となる装備があり、非常に強いボスも弱点装備で攻撃すれば一瞬で撃破できてしまったりします。

 

コンティニューを繰り返しても難しいため、コンティニューを何度も使ってクリアするのが標準的な遊び方になっています(ノーコンクリアは厳しすぎます…)。コンティニュー回数の制限はありませんが、コンティニューをするとステージの中間地点ではなく、最初に戻されてしまします。

 

鬼畜ゲーとして有名ですが、ごり押しだと厳しいけれど攻略法さえわかってしまえば何とかなる程度の難易度だと感じました。FCの作品であることを考えると、ごり押しでもなんとかなる可能性があるのは割と優しいかもしれません。現在は攻略情報が簡単に手に入るので、参考にすれば相当難易度が下がると思います。

 

シリーズの中でも初代は特に難しいらしいので、他の作品を先にプレイするのもありだと思います。

 

良い点

  • 操作が軽快でもっさりしておらず、FC作品としては操作性にストレスを感じにくいです。画面のチラつきも許容範囲内に収まっています。

 

  • 極端に難しい箇所が少なく、少し難しい箇所がずっと続くという構成になっています。これによって、最初は難しくても繰り返すたびに上達を感じられる良好なバランスになっています。特に最初の6ステージはどれも良いバランスでとても楽しかったです。

 

  • ボスに弱点があるおかげで、詰まっても先に他のボスを攻略して弱点武器を入手するといった方法がとれます。戦略性もありますし、ひたすらに同じステージに挑まされるストレスの軽減という意味でもよいシステムだと思います。前に挑んでボコボコにされたボスを弱点武器で瞬殺するのは中々の爽快感です。

 

  • 一定時間使える床を作れる武器があり、難しい飛び石要素もこれを使えば簡単にクリアできます。落下やトゲは一撃死なので、これには相当助けられました。

 

  • 各ステージにはボスのイメージに合ったギミックが多数配置されていて、ロケーション豊かなものになっています。

 

 悪い点

  • 難しいところの自力攻略はかなり厳しいです。特にワイリーステージ(ラストステージ)の難易度はかなり厳しいものになっています。ワイリーステージの最初のボスであるイエローデビルや、その次のボスのコピーマシン、そしてラストのボスラッシュには相当苦しめられました。正直攻略動画なしではクリアできなかったと思います。

 

  • ボスの攻撃が見て避けられるようなものでは無く、回避パターンや嵌めパターンを覚えて攻略することが前提となっているので、アドリブで遊べる懐の広さが欠けてしまっています。(逆に覚えることで上達を感じられるパターンゲーであるともいえます)

 

  • 移動の際に少し滑るような挙動をします。これで落下死をすることがあり、少しイライラしてしまいました。

 

  • コンティニューをするとステージの最初からになり、特殊武器のパワーも全回復するので、1機目の価値が大きいです。ボス前で何度もリトライするために、ステージ序盤で死んだら残機を潰してコンティニューをするのが最適解になってしまっています。この残機潰しがやや面倒でした。

 

  • セーブやパスワード機能がありません。多くの移植版ではセーブ機能が搭載されていると思うので平気ですが、オリジナル版だと電源を切ったら最初からなので注意しましょう。

 

総評

完成度が高く、現在でも十分プレイできる作品であると思います。難しいのでぜひプレイしろ!とは言えませんが、FCのレトロ感を味わいつつ骨のあるアクションゲームを遊びたいと思っているのならば今からでも遊んでみてもいいかもしれません。

 

ゲーム音楽ピックアップ

  1. ENDING
    2のOPを知っていたので、イントロで「おっ」となりました。中々メロディアスでEDのノスタルジックな演出にもあっていますね。

  2. ELECMAN STAGE
    ステージ曲はあまり印象に残っていませんが、この曲だけは覚えていました。爽やかでよいです。

【ゲームレビュー1】Outer Wilds

ジャンル 宇宙探索アドベンチャー
メーカー/ブランド Mobius Digital
発売年 2019
ハード Steam/XB1/PS4/Switch
お気に入り度(0~10) 10
プレイ状況 Trueエンド回収

先日プレイした OuterWilds があまりに素晴らしかったので簡単な感想を。

 

 

10点満点ならば、多少の欠点はあっても、その圧倒的な長所から10点をあげたいような作品でした。

 

重要なネタバレは避けてます。(序盤に知るレベルの情報は載せています。)

 

Outer Wildsとは?

store.steampowered.com

www.youtube.com


PC/XBox1/PS4/Switch(発売予定) で遊べる宇宙探索アドベンチャーゲームす。まずは上のPS4版トレーラーを見てください。

 

プレイヤーは、太陽系とは全く違う星系にある木の炉辺(Timber Hearth)という惑星に住む種族、ハーシアン(Hearthian)の新米宇宙飛行士です。今日はついに宇宙に旅立つ日。明け方目を覚ましたプレイヤーは搭乗許可のキーコードを教えてもらい、整備の済んだ宇宙船に乗り込んで飛び立ちます。

しかし、22分後星系は突然の終焉を迎え、気が付くと旅立ちの朝に戻されてしまいます。22分間のループに囚われたプレイヤーは、星系の数々の惑星とそこに遺された遺跡群を探索し、ループの謎、そして宇宙に隠された真実に迫っていきます……

 

どんなゲーム?

基本的には、宇宙に飛び立つ→目的地の惑星に向かう→惑星を探索 を繰り返し、情報を集めていくゲームです。冒険で得た知識は宇宙船内のコンソールに記録され、どんどん知識を増やしていくことが、実質的にゲームを進めることと同等の意味を持ちます。

宇宙には到達困難な場所がたくさんありますが、到達にフラグ立てによる解禁やアイテム集めが必要な場所は無く、1周目のループからでも知識や運があればあらゆる場所にたどり着けるようになっています。

ゲームの特徴として、ループの22分間の内に宇宙が変化する点があります。ループが始まったらすぐに向かわないとたどり着けない場所、逆に待たないと入れない場所、ある一瞬にだけ入れる場所など時間経過を謎解きに取り込んでいます。

ネタバレ厳禁系の作品です。検索の際は充分注意しましょう。この文章も読まずにプレイした方がいいくらいの作品ではあります。

 

良い点

  • 壮大な宇宙を自分の足で冒険をし、自分の手で新天地を切り開く感動をたっぷりと味わえます。

  • 緑で覆われた大地から熱水が吹き出す"木の炉辺"、連星の間を大量の砂が行き来する"砂時計の双子星"、中心部に鎮座するブラックホールに大地が吸い込まれていく"脆い空洞"、深く暗い海の上に多数の竜巻が乱れ舞う"巨人の大海"、星系の最も外側をゆっくりと廻る歪な暗い惑星"闇のイバラ"など冒険の舞台となる惑星はどれも特徴的で、小さな衛星や宇宙施設などもあり、ロケーションは非常に個性豊かなものになっています。

  • 宇宙は全てがシームレスにつながっていて、小さな焚火から巨大な太陽まですべてが同じスケールで描かれます。特に木の炉辺(最初の星)から飛び立つとき、地面がだんだん遠くなって視界は青空から黒い宇宙になり、ふっと重力から解放された時の感動には凄まじいものがありました。

  • 宇宙の壮大さをしっかり描きつつも、箱庭のように空間に無駄なく情報が詰め込まれており、無意味に広い空間を歩き回るようなことはありません。壮大さを損なわず、移動が億劫にならない絶妙なサイズ感にまとまっている印象です。

  • 時間によってさまざまな場所が変化するので、一度訪れた場所にも行くと新たな発見があったりします。空間的にも時間的にもしっかりゲーム要素が詰め込まれた、かなり手の込んだマップ構成になっています。

  • 到達困難な場所への行き方、そして情報の出し方が絶妙で、偶然にはたどり着けないが、しっかり情報を集めることで自然に解法が見えてくるバランスになっています。全部教えてくれるほど親切なわけでもないため、自分の手で新天地にたどり着いた感動を噛み締めることができます。特に終盤のある場所にたどり着いた時は、今後これを超える衝撃と冒険感を味わうことがあるだろうか…と思うほどでした。

  • 到達困難な場所には到達のためにやや難しいアクションをこなす必要がある場所もあり、緊張感のあるゲームプレイを楽しめます。(これは悪い点にもなりえますが)

  • 多くの到達困難な場所には壮大な専用BGMが用意されており、衝撃的な新情報と共に頑張って到達したプレイヤーを出迎えてくれます。

  • ストーリーや設定も非常に細かいところまで作りこまれています。ストーリーの全体像が掴めたと思っても、まだ大きな情報が隠されていたりなど、深みのある構成には感心するばかりです。

 

悪い点

  • 1回のループ内で到達チャンスが時々しかない or 行くために即死トラップを避けなくてはいけない場所が多々あり、何度も失敗するとダレてしまう可能性があります。初見殺し感が強く、3Dアクション慣れした人ならば問題ない程度の難易度ですが、苦手だと厳しそうです。

  • 時間経過で行ける場所では、何もしないで待つことが要求されるシーンがあります。特にその後に即死トラップがある場合は成功するまで何度も待つことになり苦しいです。一応、待ちを楽にする手段自体は用意されています。

  • 謎解きにはある程度の察し力が要求されます。人によっては全ての情報を集めても行き方がわからないこともあると思います。ネタバレを避けてヒントをくれるwebページなどもありますが、既プレイ者が身近にいるのならば直接ヒントを貰うとよいでしょう。

  • 怖い場所はかなり怖いです。正直二度と行きたくない…と思うような場所もありました。ホラーゲーム的な怖いポイントもありますが、"恐怖症"的な怖いポイントも多々あります。

  • 最初は何をしていいのか分かりづらいです。面白くなってきたのはプレイし始めてからしばらくして、このゲームにおける探索のスタイルを掴んでからでした。

総評

やや人を選ぶところもありますが、そろそろエンディングか?と勘違いさせるほどの衝撃的展開を自分の手で切り開いていく圧倒的冒険感は既存のゲームをはるかに凌駕していると思います。

謎解きを主軸にしたゲームは一直線になりがちですが、このゲームの提示した「最初から全ての場所に行ける」「知識を得ることが実質的にゲームを進めることになる」というスタイルは今後の作品に大きな影響を与えるだろうなぁと思っています。

宇宙にロマンを抱いたことがある人、大冒険を夢見ている人、そして今までのゲームにマンネリを感じている人にはぜひプレイしてもらいたい作品です。恐ろしく美しい宇宙はあなたを圧倒的スケールで、厳しく迎え入れてくれることでしょう。

 

ゲーム音楽ピックアップ

  1. Final Voyage
    End Timeもよいですが、こっちの方が迫力があって好きです。
  2. Travelers
    Outer Wildsを象徴するような曲ですね。
  3. 14.3 Billion Years
    とても良いです、このゲームをプレイして心から良かったと思えました。
  4. Timber Hearth
    木の炉辺の曲です。穏やかで温かい旋律が、緑と水の惑星感を出していてよいです。故郷って感じもしますね。
  5. Into the Wilds
    reveal trailerに使われた曲で、メドレーになっています。某フレーズをまさかあんなところで聴くことになるとは…

 

所持 & プレイゲーム&レビュー 一覧

レビュー一覧

No. お気に入り度(0~10) タイトル ジャンル
1 10 Outer Wilds 宇宙探索アドベンチャー
2 7 ロックマン 横スクロールアクション
3 7 ファタモルガーナの館 ビジュアルノベル
4 7 CaveStory+(洞窟物語+) メトロイドヴァニア
5 6 INSIDE パズルプラットフォ-マー
6 8 Hotline Miami 見下ろし型アクション

 

ゲーム一覧

私の持っている or 遊んだゲームの一覧です。

★ = EDまで終わったゲーム

☆ = 遊んだものの、完全には終わっていない作品

◆ = EDを見ていない終了作品or終わりがない十分なプレイ済み作品

 

SFC

ガイア幻想紀
 聖剣伝説2
 伝説のオウガバトル

 

●SS

 DAYTONA USA
 NIGHTS into Dreams…
 ThunderFoceV
 VIRTUACOP
 グランディア
クロス探偵物語
 サクラ大戦
 サクラ大戦2
 レイヤーセクション
 蒼穹紅蓮隊
 出たなツインビーヤッホー!DELUXE PACK

 

●PS1

 BIOHAZARD2
 CHRONO CROSS
 moon
R・TYPE
 R4 RIDGE RACER TYPE4
 SD ガンダム ジージェネレーション
 STRIKERS 1945 II
 WILD ARMS
 WILD ARMS 2nd IGNITION
 アインハンダー
かまいたちの夜 特別篇
 クーロンズゲート
グラディウス外伝
 サモンナイト2
 ゼノギアス
 ビートマニア
 ビートマニア BEST HITS
 ファイナルファンタジーVIII
 ファイナルファンタジーIX
 ぷよぷよ通 決定盤
 ぼくのなつやすみ
 ポポロクロイス物語
 マリーのアトリエプラス~ザールブルグ錬金術士~
 弟切草 蘇生編
 風のクロノア -door to phantomile-
 聖剣伝説 legend of mana
怒首領蜂
名探偵コナン
★街~運命の交差点~
 御神楽少女探偵団
雷電 プロジェクト【☆雷電/☆雷電Ⅱ】

 

PS2

 AIR
 ef -a fairy tale of the two
 Ever17 -the out of infinity-
 METAL GEAR SOLID3 ps2best【MGS3,MG,MG2】
 Never7-the end of infinity-
 Phantom -PHANTOM OF INFERNO
 アカイイト
 アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
 うたわれるもの 散りゆくものへの子守歌
 エースコンバット ゼロ
 カプコンクラシックスコレクション
 カルタグラ~魂ノ苦悩~
 ドラゴンクエストVIII
 ブレスオブファイアV
 フェイト/ステイナイト
 リトルバスターズ! Converted Edition
 ロマンシング・サガ ミンストレルソング
 ワンダと巨像
 零 ~zero~
 式神の城II
 龍が如く

 

BGA

ポケットモンスター エメラルド
ポケットモンスター リーフグリーン

 

●DS

New スーパーマリオブラザーズ
★THE 密室からの脱出2
 ウィッシュルーム 天使の記憶
クロノ・トリガー
 テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション
 ノーラと刻の工房 霧の森の魔女
 ひぐらしのなく頃に絆 第一巻 祟
 ひぐらしのなく頃に絆 第二巻 想
 ひぐらしのなく頃に絆 第三巻 螺
 ひぐらしのなく頃に絆 第四巻 絆 
ポケットモンスターソウルシルバー
ポケットモンスターダイヤモンド
ポケットモンスターハートゴールド
ポケットモンスターパール
ポケットモンスタープラチナ
ポケットモンスターブラック
ポケットモンスターブラック
ポケットモンスターホワイト
ポケットモンスターホワイト
ポケモンレンジャー
ポケモンレンジャーバトナージ
ポケモンレンジャー光の軌跡
ポケモン不思議のダンジョン闇の探検隊
ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊
ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊
マリオカートDS
リズム天国ゴールド
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
星のカービィ 参上!ドロッチェ団

 

DSi

◆あれ?DSがサカサですけど。逆シューティング
◆かみヒコーキ
◆10秒走
ゼルダの伝説4つの剣 25th記念エディション
★THE 密室からの脱出 Vol.5 南国のコンビニ編
ドラゴンクエスト ウォーズ
◆とりとマメ
◆atエンタ!ブロック崩し
◆アースセイバー隕石爆破大作戦
◆G.G.シリーズ ドリフトサーキット

 

3DS/New3DS/3DSDL/3DSVC/New3DSVC

 7TH DRAGON III CODE:VFD
スーパーマリオ3Dランド
タイムトラベラーズ
とびだせどうぶつの森
ファイアーエムブレム覚醒
 ポケットモンスター
 ポケットモンスターアルファサファイア
ポケットモンスターウルトラサン
ポケットモンスターウルトラムーン
ポケットモンスターサン
ポケットモンスタームーン
ポケモン超不思議のダンジョン
マリオカート
モンスターハンター3G
モンスターハンター
モンスターハンター4G
 新世界樹の迷宮2

 ゼノブレイド

★3D アウトラン
★3D クラシックス 星のカービィ 夢の泉の物語
★THE 密室からの脱出 Vol.4 南国のリゾート編
ポケモンARサーチャー

R-TYPE
グラディウス(PCE版)
☆サマーカーニバル'92烈火
スーパーマリオブラザーズ
ゼルダの伝説夢を見る島DX
ぷよぷよ通(ゲームギア版)
 メトロイド
沙羅曼蛇(FC版)
星のカービィ2

LIVE A LIVE
 MOTHER 2 ギーグの逆襲
 スーパードンキーコング
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
ファイナルファンタジーV
ファイナルファンタジーVI

 

Wii/WiiDL/WiiVC

★428 ~封鎖された渋谷で~
★New Super MARIO BRO'S. Wii
Wiiスポーツリゾート
はじめてのwii
マリオカートwii
 みんなのリズム天国
モンスターハンター3
 朧村正
大乱闘スマッシュブラザーズX

 GRADIUS Rebirth

 アクスレイ
 クライング 亜生命戦争
グラディウスIII(SFC版)
 ソルジャーブレイド
 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
 奇々怪界
 武者アレスタ
 不思議のダンジョン2 風来のシレン

 

 ●Switch

 Capcom Arcade Stadium
Cross†Channel
★Deemo
 Dies irae Amantes amentes For Nintendo Switch
 Splatoon2
 ThunderForceⅣ
 エスプレイドΨ
☆オペレーションラグナロク
 グリザイアの果実・迷宮・楽園フルパッケージ
 ソニックウィングス
ダライアスコズミックコレクション【ダラ/ダラⅡ/サーガイア/★ダラ外
ポケットモンスター シールド
 マリオカート8DX
 リングフィットアドベンチャー
ロロナのアトリエDX
逆転裁判123 成歩堂コレクション【★蘇る逆転,★2,★3】
戦国ブレード
 幻影異聞録#FE Encore
 不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス
 ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online【☆パンチアウト
 スーパーファミコン Nintendo Switch Online【☆スーパーEDF/☆星のカービィ3/★スーパーメトロイド/☆ゼルダの伝説神トラ】

 

XBOX360

  CHAOS;HEAD NOAH
 Robotics;Notes
 The Elder Scrolls V SKYRIM
★Steins Gate
 Steins Gate 比翼連理のだーりん
 アーマードコア ヴァーディクトデイ
 インスタントブレイン
 エースコンバット6 解放への戦火
エスプガルーダII ブラックレーベル
 ぐわんげ
ケツイ~絆地獄たち~ EXTRA
 コールオブデューティー ゴースト
 デススマイルズII エックス
 ルートダブル -Before Crime * After Days-
ロストプラネット 2
 赤い刀・真
 車輪の国 向日葵の少女
怒首領蜂大往生ブラックレーベルEXTRA
怒首領蜂大復活 Ver.1.5
 怒首領蜂大復活ブラックレーベル
 怒首領蜂最大往生
 虫姫さまふたり

 

●Steam

◆100%OrangeJuice
 200%MixedJuice!
 2064: Read Only Memories
★2236 A.D.
 64.0
 9-nine-ここのつここのかここのいろ
 9-nine-そらいろそらうたそらのおと
 9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ
 9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと
 Acceleration of SUGURI 2
 Acceleration of SUGURI X-Edition
Alien Swarm: Reactive Drop
☆ALLTYNEX Second
 Ammnesia: A Machine for Pigs
 Ammnesia: The Dark Descent
 Among US
 Angry Video Game Nerd Adventures
 Arcade Classics Anniversary Collection
  【スクランブル/グラ/★沙羅曼蛇/グラⅡ/ツインビー/A-JAX/★サンダークロス/悪魔城】
★ATRI -My Dear Moments-
 Audiosurf
★Azure Striker Gunvolt
★Axiom Verge
 The Binding of Isaac:Rebirth
 Baba is you
 Beat Cop
 Bit Blaster XL
BLACK BIRD
 BLUE REVOLVER
★Bullet Soul
 Caladrius Blaze
★Castle of Shikigami 式神の城
 Circa Infinity
Chaos;Child
 CLANNAD 
 CLANNAD Side Stories
 Cortex Command
★Crimzon Clover WORLD IGNITION
 Crypt of the NecroDancer
 Danmaku Unlimited 2
★DARIUSBURST Chronicle Saviours
★Deathsmiles
 DELTAZEAL
 Diadra Empty
 Diamo XL
★DoDonPachi Resurrection
 Double Doragon Neon
★Downwell
 Dungeon Warfare
 eden*
 Endless Jade Sea -Midori no Umi-
 Epic Battle Fantasy 3
★ESCHATOS
 Ether Vapor Remaster
 EXZEAL
 Fallout NewVegas
 FTL:Faster Than Light
 Garry's Mod
 Geometry Dash
 Geometry Wars:Retro Evolved
 Ginga Force
 GOCCO OF WAR
 Graze Counter
★GUNBIRD
 Gundeadline
☆Gundemonium Recollection
 G線上の魔王
 Hacknet
 Half Minute Hero(勇者30)
 Half Minute Hero 2(勇者30 2)
Half-Life
Half-Life 2
 Half-Life 2:Deathmatch
Half-Life 2:Episode One
Half-Life 2:Episode Two
 Half-Life 2:Lost Coast
 Half-Life Deathmatch :Source
Half-Life: Blue Shift
Half-Life: Opposing Force
 Half-Life: Source
 Harmonia
 Helen's Mysterious Castle
 Hitogata Happa
★Hook
★Hotline Miami
★The House in fata Morgana
 Hyperspace Invaders II: Pixel Edition
★Ikaruga
★ISLAND
 Izanami's Dream Battle
★KAMUI
 ∀kashicverse-malicious wake-
 THE KING OF FIGHTERS XIII
★KOEWOTAYORINI
 KOEWOTAYORINI SP
Left 4 Dead 2
☆The Legend of Dark Witch(魔神少女)
 The Legend of Dark Witch Episode2(魔神少女2)
 LiEat
 Life is Strange
☆LIMBO
 Little Nightmares
☆Lovely Planet
 Mecha Ritz: Steel Rondo
 MELTY BLOOD Actress Again Current Code
 Mega Man Legacy Collection 【★1/2/3/4/5/6】
 Mega Man Legacy Collection 2 【7/8/9/10】
 METAL SLUG 2
 Metro 2033
★Mhakna Gramura and Fairy Bell
★Momodora III
☆Momodora :Riverie Under the Moonlight
★Murasaki
◆MuseDash
★Mushihimesama
 Muv-Luv
 Muv-Luv Alternatives
★MYTH
 Narcissu 1st & 2nd
 Natsuki Chronicles
★Neko Navy
★OKAMI HD/大神 絶景版
 One Way Heroics
 NIGHTs into Dreams...
★One Shot
 Orbit XL
◆Ori and the Blind Forest
★Ori and the Blind Forest: Definitive Edition
 Ori and the Will of the Wisps
★Outer Wilds
 Papers,Please
 PRATICLE MACE
 PAYDAY 2
planetarian~ちいさなほしのゆめ~
 Pony Island
Portal
Portal 2
 Psyvariar Delta
 QP Shooting - Dangerous!!
R-Type Dimensions EX【★R-TYPE/★R-TYPEⅡ】
 Rabi-Ribi
☆Raiden III Degital Edition
☆Raiden IV:overkill
★RefleX
★RefRain - prism memories -
 Re:LieF ~親愛なるあなたへ~
 Replica
 Revoloton Ace
★Reventure
 REVOLVER360 RE:ACTOR
 Risk of Rain
 SATAZIUS
 Saviors 
 Sayonara Umihara Kawase
 Sonic the Hedgehog
 Sonic the Hedgehog 2
 Sonic3 & Knuckles
 Shumps Skill Test
 Sid Meier's Civilization IV
 Sid Meier's Civilization IV: Beyond the Sword
 Sid Meier's Civilization IV: Colonization
 Sid Meier's Civilization IV: Warlords
 Strikers1945
 The Silent Age
 Skull girls
★The Stanley Parable
Steins;Gate 0
 Strania -The Stella Machina-
★Suguri
 Super Hexagon
 super Ledgehop: Double Laser
 Super Meat Boy
 Surfingers
Symphonic Rain
 Tell Me Why
 Team Fotress Classic
★Terraria
 Titan Souls
 Tomoyo After ~its a wounderful life~
 Totally Accurate Battlegrounds
★TRIZEAL Remix
★Trouble Witches Origin Episode1
 Ultra Street Fighter IV
 Umihara Kawase
 Umihara Kawase Shun
★Undertale
☆VA-11 Hall-A -Cyberpunk Bartender Action-
 VASALA Collection
★VVVVVV
 WITCH-BOT MEGLILO
 WOLFLAME
 The Witcher: Enhanced Edition
 The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition
 The Wicher 3: Wild Hunt
 Wonderful Everyday Down the Rabbit-Hole
 XIIZEAL
 You Have to Win the Game
★Yumecore
★zelle
 Zup! 5
 シロナガス島への帰還
 ダンガンロンパ
 ベオグラードメトロの子供たち
 ペルソナ4 ザ・ゴールデン
★レイジングループ
★空飛ぶ赤いワイン樽
 鋼鉄のヴァンパイア
 星空のメモリア-Wish upon a shooting star-

 

●EpicGames

★Cave Story+
★Celeste
★TACOMA
★HYPER LIGHT DRIFTER
★INSIDE
 Overcooked 2

 

●Origin

 Battlefield 4
 Battlefield 1
 Battlefield V

 

●Win

 AS~エンジェリックセレナーデ
HellSinker.
Minecraft
 Omegaの視界【1,2,3,4】
★SummerPockets RB
Symphonic Rain
 インフィノス2
☆インフィノス外伝
 カタハネ
 サクラノ詩
 さくら、もゆ。
☆ソラ
 ひまわり
 モナークモナーク
☆五月雨
 四季の狂剣・神無絶景
 赫炎のインガノック
東方紅魔郷
東方妖々夢
東方永夜抄
 東方文花帖
東方風神録
東方地霊殿
東方星蓮船
東方神霊廟
東方輝針城
★東方紺珠伝
★東方天空璋
★東方鬼形獣
★東方虹龍洞
★星空鉄道とシロの旅

 

●Win Free

 Fortnite
 Hydorah
☆INFINOS
 INFINOS 0
 ざくざくアクターズ
★ニュー・スーパー・フックガール
 ムラサキ劔
 らじおぞんで
超連射68k
★鳥竜 デスレーベル
 洞窟物語
★夕暮れ叙事詩

 

IOS

◆Cytus
★Deemo
◆Dynamix
◆GROOVE COASTER 2
jubeat Plus
◆ReflecBeat Plus